ブログ

 Ⓡ と TM と Ⓒ の ちがいって?!

   カテゴリー:

こんにちは、アポロ商標特許事務所の弁理士、荒川です。

さて、皆さまは、お気に入りのブランドに、®マークや、TMマークが付いているのを見かけたことはありませんか。

どちらも商標に関するマークなのですが、この®とTMのちがいは何なのでしょうか。

また、これらは、Ⓒマークとは、どのようにちがうのでしょうか。

 

 



®マークは、Regstered (登録された)の頭文字である「R」を丸で囲ったもので、登録商標を意味します。

もともとは、米国特許商標庁で登録されたものを意味していました。

しかし、最近では、日本でもこのマークが登録商標を意味するとの認識が高まり、日本国内でのみ登録されている商標でもこのマークを付けているところもあるようです。

付け方は、商標の右上または右下に、小さく付けることが多いようです。


なお、商標が登録となった場合は、日本の商標法の規定通り、「登録商標」の文字と、その登録番号(第○○○○号)を記載することもあります。

 

 

TMマーク



TMマークは、Trademark (商標) の「T」と「M」をとったもので、この商標は私のものです、というアピールになります。

つまり、TMマークが付されている商標は、登録されているかどうかは不明です。

しかし、例えば、商標出願中の商標にTMをマークを付すことで、これが自社の商標だと主張し、他社の模倣を防ぐ一定の抑止効果を発揮するものではあると思います。

TMマークの付され方も、前記®マークと同様です。




 

Ⓒマーク



Ⓒマークは、copyright (コピーライト、著作権)の「C」を丸で囲ったもので、著作権の表示をしています。

日本は無方式主義を採用しており、著作物の創作と同時に、著作権が発生します。

Ⓒマークは、著作物に付されますので、ホームページの最下段や、マンガの巻末などで見かけることが多いと思います。

 

 

まとめ

以上、3つのマークのちがいを簡単に説明いたしました。

®マークや「登録商標」の文字を表示すると、自社ブランドの管理がしっかりした会社であると認識され、信用強化につながるだけでなく、他人の模倣をけん制するという効果もあります。

また、商標登録は先願主義(早い者勝ち)を採用しています。

大切なブランドは、ぜひ早めに商標登録することをご検討ください。