ブログ

 商標権侵害の警告書が来たら?

   カテゴリー:

 

もし、あなたがお店や会社を経営していて、他社から商標権侵害の警告書が来た場合、どのようにすればよいのでしょうか。

1

フリー写真素材ぱくたそ(https://www.pakutaso.com

 

多くの警告書には、製造・販売する商品や、サービスの提供を中止するように書かれているため、驚いてすぐに止めなければ、と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、このような警告書が来た場合、検討すべき点は多々あります。

 

例えば、

(1)商標が類似しているか

(2)商品・役務(サービス)が類似しているか

(3)相手方の権利が有効に存続しているか

(4)相手方が商標権を行使できる者であるか否か

(5)商標権に無効理由はないか

(6)不使用取消審判が可能か否か

(7)先使用権を主張できないか

(8)継続的使用権が主張できないか

などです。

 

これらを検討した上で、適切な対応をする必要があります。

 

一方で、相手方の警告書の主張に理由があると認められる場合は、製造・販売等の中止を検討したり、ライセンスの許諾や商標権の譲渡を受けることが考えられます。

 

いずれにせよ、このような警告書が来た場合に、何もせず放っておくのはよくありません。

相手方に何らかの応答をして、こちらの意向を伝える必要があります。

 

 

商標の類否判断や無効理由の検討などは、なかなか一般の方には難しい面もあるかと思います。

 

そんなときは、ぜひ知的財産の専門家、弁理士にご相談ください。

 

 

ご依頼/お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせは、
 03-3263-5678 (平日9:00~19:00)
または、下記フォームよりお問い合わせ下さい。
お問い合わせのみで費用が発生することはございません。
お気軽にご相談ください。

 ご依頼/お問い合わせ