商標調査報告書の特徴

商標調査は無料

 

弊所に出願をご依頼いただける場合、商標調査は無料です。

商標登録の専門家である弁理士が行う、厳密な調査に基づき、詳細かつ丁寧な調査報告書を作成の上、ご報告いたします。

調査報告書ご覧いただいた上で、出願の要否をご判断ください。

 

 

アポロ商標特許事務所の調査報告書

 

弊所では、商標調査を無料で行っておりますが、調査報告書は、決して簡易的なものではありません。

特許庁の情報プラットフォームでの調査はもちろん、弊所独自のデータベースも用いて、商標調査を行います。

以下に、弊所の商標調査報告書の5つのポイントを、ご説明いたします。

 

Point 1 分かりやすい登録可能性 4段階評価

 

弊所の調査報告書は、登録可能性をわかりやすく4段階で評価しています。



評価A(登録可能性75%以上)

評価B(登録可能性75%~50%程度)

評価C(登録可能性50%~25%程度)

評価D(登録可能性25%以下)

 

また、評価が低い場合でも、登録可能性が高くなるためのアドバイスを差し上げます。

 

1

 

Point 2 商品・サービスごとに、区分と類似群コードを記載

 

ご依頼いただいた商標の対象となる商品・サービスごとに、区分(※1) と類似群コード(※2) を記載していますので、商品・サービスごとの登録可能性が一目で分かります。

 

※1 区分
商品・サービスをジャンルごとに区分けしたもの。

 

※2 類似群コード
商品・サービスに付与される英数字の組合わせ。
同一のコードが付与された商品・サービスは類似と推定されます。

 

 

Point 3 先願・先登録商標の情報も詳細に記載

 

調査2 NEW

 

調査において、似ていると判断される可能性がある先願・先登録商標が確認された場合、権利者や、存続期間の満了日などの情報を詳細に記載して、ご報告いたします。

 

なお、調査報告書には、先願・先登録商標の公報を添付してお送りいたします。

 

Point 4 判断の根拠を明確に記載

 

調査報告書には、ご依頼いただいた商標が、商標としての基本的な機能を有しているかどうかや、先願・先登録商標と似ているかどうかについて、判断の根拠とともに、明確に記載しています。

 

また、ご依頼いただいた商標と同様の構成からなる先登録商標や、過去の審判の審決例なども調査し、ご依頼いただいた商標の登録可能性を、丁寧に判断いたします。

 

調査3

 

Point 5 調査期間・調査方法も詳細に記載

 

データべースに基づく調査期間や、報告書における調査方法についても、詳細に記載しています。

 

 

商標調査・出願のご依頼

 

弊所では、お客様からご依頼いただいた商標について、緻密かつ丁寧な調査を行い、それに基づいた詳細な調査報告書を作成しております。

 

お客様の大切な商標の調査・出願は、ぜひ、弊所におまかせ下さい。