ボードゲームソムリエ 松永 直樹 様

登録商標 第6264652号

最初に、ボードゲームソムリエである、松永 直樹 様のご紹介をお願いします。

世界のボードゲームのプロフェッショナル。

大好きなボードゲームの強みを活かして、様々な状況で最適なボードゲームを提供する「ボードゲームソムリエ」として活動を開始。延べ5000人以上にボードゲームを感動サプライズとして提供するエンターテイナーとして活躍し、その縁で世界的名著『7つの習慣』や人気作品『キングダム』のボードゲームの制作のオファーをきっかけにデザイナーデビュー。

他にも「マツコの知らない世界」をはじめとするメディアの出演やダイヤモンド社の出版など、ボードゲームの魅力を広める活動にも力を入れている。

「ボードゲームソムリエ」を商標出願された理由をお聞かせください。

ダイヤモンド社の著書「戦略と情熱で仕事をつくる」を出したときに、商標登録のお手伝いのご連絡をいただきました。活動を始めてから「商標」という考えはある程度は認識を持っていて、いつかは出そうかなくらいに思っていましたが、そのタイミングがなかなかありませんでした。しかし、今回、商標登録をするきっかけをいただき、登録することができました。

実際に弊所へ ご依頼いただいた ご感想をお聞かせください。

正直、商標登録のことは聞いたことがあるくらいとしか認識がなく、その状態でお願いするには、安くはない金額でしたので、最初は商標登録をしようかどうか、迷っていました。

しかし、アポロ商標特許事務所の荒川 卓哉 様のとても丁寧なメールでのやりとりで、商標登録をしたほうがいい理由、しないとどうなるかというリスク、それ以外にも細かく小さい部分の不安点のフォローがとても良く、迅速な対応をしてくださったことも好印象で、依頼してよかったと思います。

登録商標「ボードゲームソムリエ」を、今後、どのように使用していきたいですか。

もともと、ボードゲームソムリエは自作した肩書で、それを表明して活動していました。

しかし、商標登録のことについて、色々とお聞きしたことによって、商標を他の人に登録されてしまうと、自分が使えなくなってしまうリスクがあることを知り、この肩書を守っていく必要があると強く感じました。

また、よりプロとしての認識を強めることもできたと思いますので、今後も活動を広げていきたいです。

今後の弊所へのご要望がございましたら、お聞かせください。

今のままでも十分な対応でしたので、今の所は特にございません。

現在、商標登録をお考えの方へ、メッセージをお願いします。

今の時代、個人でも様々な活動をすることや、自分自身のブランドをつくることも容易になりましたが、もし、ある程度活動して結果が出てきた方であれば、商標登録は本格的に考えたほうが良いと思います。

個人的には、「他の人に商標登録をされたときに、自分がそれを使えなくなることに弊害がないか」という点が商標登録をするかしないかの決め手になりました。もし、これを聞いて、したほうがいいかもと思ったときは、商標登録をすることをおすすめします。

ボードゲームソムリエ 松永 直樹 公式ホームページ

新元号「令和」の商標登録について

新元号が「令和」に決定いたしました!

 
巷では、「新元号を商標登録する人が出てきそう」と、心配の声が上がっているようです。
 
 
そもそも、新元号「令和」は商標登録できるのか?
 
しかし、新元号「令和」は、商標登録することができるのでしょうか??
 
結論から申し上げますと、商標登録することはできません。
 
これは、特許庁の「商標審査基準」第3条第1項第6号の4にに、明確に記載してあります。
 
新元号「令和(れいわ、REIWA等を含む。以下、同じ。)」が商標登録できないのはもちろん、「令和+(商品やサービスの普通名称)」のような商標も、登録できません。
 
❌  新元号
商標「令和」(れいわ、REIWA)
 
❌  新元号+普通名称
(指定商品を「電子計算機」とする、商標「令和コンピュータ」
(指定サービスを「損害保険の引受け」とする、商標「令和損保」

 

登録可能性のある、新元号「令和」の商標は?

 

新元号「令和」に、商品やサービスの普通名称や品質表示に該当しない文字を組み合わせた場合には、登録可能性があります。

 

例 商標「平成美人」(登録第5338514号)

  指定商品「日本酒」等

 

「美人」は、日本酒の普通名称でも、品質表示でもありません。

 

したがって、商標全体として、識別力が認められ、登録されたものと考えられます。

 
 
ご相談は無料ですので、新元号「令和」に関する商標登録をご希望の方は、ぜひ、弊所までお気軽にお問い合わせください。
 

「商標登録後に読む本」が4コマ漫画化されました!

弊所では、商標登録をしていただいたお客様向けに、「商標登録後に読む本」をご送付しております。

商標登録後における使用・管理について、章ごとに分け、ご注意いただきたい点などをご説明しているものです。

しかし、その内容は、商標法が関係するものであり、文章だけでのご説明では、どうしても難しくなってしまいます。

そこで、その「商標登録後に読む本」を4コマ漫画化し、併せて文章でご説明することで、商標登録が初めてだった方にも、分かりやすいものにいたしました。

監修:アポロ商標特許事務所
作画:平島 美穂
※ この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称などは、実在のものとは関係ありません。
※ 当作品に掲載されている文章、キャラクター等の無断転載・無断加工は禁止します。

今後、弊所で商標登録をされたお客様へは、これらのマンガ と 文章によるご説明 を一冊にまとめた冊子を、商標登録証と共に ご送付いたします。

ぜひ、ご一読いただき、大切な登録商標の管理にお役立てください。